台湾でWIFIレンタルルーターは女子旅のマストアイテム!道案内やアプリ、SNSに大活躍した話。

スポンサーリンク

グローバルWIFI 台湾

台湾へ旅行に行くときは、必ず日本からWIFIルーターをレンタルしていきます。

私がよく借りるのは【グローバルWiFi】です。
>>グローバルWiFiの詳細はここをクリック

私自身、ネットにストレスなくつながらないとイライラするタイプです。

日本からWiFiルーターを借りていくことで、このイライラが解消されるのでレンタルのWiFiルーターは必需品です。

台湾のインターネット事情

台湾は、MRTの駅やホテル、空港、地下街などには、無料のWIFIスポットや電源スポットがあり、気軽に利用することができますよ。

それならWIFIルーターはいらないか?というと、私の感覚では必要です。

いくら街中にインターネット環境がが充実していても、快適に動くかというとそれは違うような感じです。

ホテルはOK?

確かにホテルの場合フリーでネットが使えるところも多いです。

しかし、サクサク動くか?と言われたらその場所に行ってみないとわかりません。

同じホテルでも階によって電波の入りが悪くてイライラするぐらい遅いということもありました。

ホテルでは明日の予定とか、買いたかったものがどこにあるのだろう?など調べ物をすることも多いので、ネットが使いにくいというのはかなり問題です。

スマホを街中で使うならWiFiルーター必須

私の場合、Google Mapで道の確認もしますし、台湾の地下鉄の地図アプリも使います。

街中でもかなりの頻度でインターネット接続するので、ネット環境は大事です。

自分が契約している携帯会社の国際ローミングサービスを使う

各通信会社の海外ローミングの取扱について調べてみました。

気になる人は参考にして見てください。

海外でスマートフォンやパソコンなどの端末を使いインターネット接続するには、街中やホテルなどのWi-Fiスポットを利用する方法と携帯電話会社などのサービスを利用する方法の2種類があります。携帯電話会社のサービスを利用する方法のうち、国内で契約をしている携帯電話等を海外でも利用することを「国際ローミング」といいます。

公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会より引用

大手キャリア

ドコモ⇒海外パケ・ホーダイ

au⇒海外で使う

ソフトバンク⇒海外で使う

格安SIM

※契約している回線によって国際ローミングの有無が異なるので、注意が必要です。

楽天モバイル⇒海外ローミング(データ通信)ご利用方法

UQ⇒海外で使うことはできますか?

mineo⇒海外で使うことはできますか?

OCNモバイルONE⇒国際ローミング|音声対応SIM

IIJmio⇒海外で使うにはどうすればいいですか?

ラインモバイル⇒オプションサービス

私は日本でWIFIルーターを借りてます

レンタルWiFiルーターのいいところは、友人や家族とシェアして使うことができること。

PCやスマホ、タブレットなど複数で利用することもできます。

また金額があらかじめわかっているので、高額請求が来ないことも安心材料の一つです。

私の場合、自分の契約している携帯会社の国際ローミングサービスよりも安くなるので、毎回WiFiルーターを借りているという状況です。

実際に台湾で使用した、WIFIルーターの使用記です。

実際に、どこのWiFiルーターを借りているかというと、私は【グローバルWiFi】も【イモトのWiFi】もどちらも借りています。

 

私が借りるときのプランは速度が4G、データ量は1.1GBのものです。

グローバルWiFiより引用

こちらのグローバルWiFiの図はデータ量600MBのデータ通信量の目安です。

私が借りているのは1.1GBですから、この表よりも多く使うことができます。

 

1日当たりの費用的にはだいたいこれぐらいです↓。

グローバルWiFiより引用

グローバルWiFiの場合(かんたん料金シュミレーター)、早期にレンタル契約した場合の1日のレンタル料金は1,370円となっていました。(早期適用料金が変わる場合もあります)

>>グローバルWiFiの詳細はここをクリック

 

イモトのWiFiの場合、早期割引料金は渡航日の30日以上前に予約するとお得になるというシステムもあります。(30日前:定価の10%オフ、45日前:定価の15%オフ、60日前:定価の20%オフ)

>>【海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi】の詳細はここをクリック

 

WiFiを借りる手順はどちらの会社もほぼ同じです。

  1. 最低でも旅行に行く1週間ぐらい前までにレンタルWiFiの申し込みを済ませておく。(込み合う時期の渡航の場合、レンタル機器がなくなると困るから。)
  2. 当日は、出発2時間前ぐらいには受け取るようにする。(レンタルWiFiの受け取りカウンターが混んでいると困るから。)
  3. 現地についたらすぐに使うので、レンタルWiFiは預入手荷物に入れないこと!(また、モバイルバッテリーと混同されやすいので手荷物として扱うこと!)
  4. 日本に帰ってきたら、空港にあるレンタルWiFi専用のポストに投函して終わり♪

当日受け取るものは、すべてポーチの中に入っています。

ルーター本体・充電器・ケーブル・説明書など。

オプション品を申し込んだ場合はそちらも一緒に受け取ります。

(例:ポケトーク、モバイルバッテリー、360°カメラ、マルチ変換プラグ、ノイズキャンセルイヤホンなど)

グローバルWiFi

グローバルWIFI

>>グローバルWiFiの詳細はここをクリック

 

事前に申し込みをするのを忘れた場合、当日でもカウンターで申し込みができます。

しかし、貸し出せるものがあるかどうかは行ってみなければわかりません。

 

不安を抱えて旅行に行くよりも、インターネットで事前予約のほうが安心ですよ。

事前に予約した場合、受け取りロッカーを使って受け取るか、窓口で受け取るかできます。

 

グローバルWIFI

グローバルWiFiの返却は到着ロビーそばにある写真のような返却BOXにポーチをそのまま投函すればよいだけ。

わざわざ窓口までいかなくてもよいので、とっても簡単ですよ。

イモトのWiFi

>>【海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi】の詳細はここをクリック

イモトのWiFiも当日でも空港のカウンターで借りることもできます。

しかし、こちらも台数に限りがありますので、事前申し込みのほうが安心ですよ。

返却も空港の到着ロビーそばにある写真のような返却ボックスに入れておしまいです。

 

各社、返却ボックスは隣り合わせで置いてあることが多いので見つけやすいです。

成田空港も羽田空港も隣り合わせにありましたよ。

まとめ

台湾でもインターネット環境はあったほうが便利です。

日本からWIFIレンタルして持っていくだけで、旅が楽しくなること間違いなしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました